ダイヤモンド就活ナビTOP > 就活コンテンツ > ダイヤモンドオンライン

就活に役立つ記事で、時事・経済に強くなろう!

経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層

経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層

景気動向指数の「景気悪化」判断は、政府見解となぜ乖離するのか

Photo:PIXTA

 3月の景気動向指数が13日発表され、基調判断は「下方への局面変化」から6年2ヵ月ぶりに「悪化」に変更となった。

 一方、政府の4月の月例経済報告では、景気は「緩やかに回復」という判断が維持されている。

 それぞれ判断基準が異なるので、乖離が生じることはおかしなことではないが、まったく逆方向に見える判断が示されてしまうと、さすがに混乱する。

 今回は、機械的な景気動向指数の基調判断の方が、景気の実態を捉えているのではないか。

基調判断は「悪化」に変更月例報告は「緩やかに回復」

 政府が示す景気判断は、月例経済報告と景気動向指数の2つを含めて3つある。

筆者名:鈴木明彦

[2019/05/15 09:00]

続きを読む

※続きを見るにはダイヤモンド・オンラインの会員登録とログインが必要な場合があります。

このページのTOPへ


新規会員登録