ダイヤモンド就活ナビTOP > 就活コンテンツ >シューカツOnline > 気になる髪の乱れ!ハードな就活に耐える髪型や方法って何?

気になる髪の乱れ!ハードな就活に耐える髪型や方法って何?

2019.06.04

就活で企業訪問する時は、落ち着いた気持ちでその場に臨みたいと、誰しもが考えるのではないでしょうか。服装はもちろんのことですが、髪型にも気をつかう必要があるでしょう。企業に向かう途中、突然の突風や雨にあうことも考えられますよね。髪が乱れれば、そちらが気になって選考に集中できないなんてことにも!
そんなことにならないように、『これなら大丈夫!』と思える崩れない髪型や方法について、どのように対策したのかアンケート調査を行いました!

男性は短髪!女性は後で一つ結びかお団子!あとは整髪料でキメる

髪型では、男性なら短髪に限る、女性なら後で一つ結びかお団子にするという意見が数多くありました。また、ハード系の整髪料で固めてしまうという意見もかなり見受けられる結果となりました。

髪を全体的に短くして刈り上げておけば髪型を気にする必要の度合いが減ります。(30代/男性)

坊主一歩手前の短髪。雨だろうが、風だろうが、何の問題もありません。(40代/男性)

シンプルですが、後ろで一つ結び。楽だし、崩れることもありません。(20代/女性)

私の就活の定番の髪型は髪を結び団子状にしていました。清潔感ある印象に見える様に心掛けていました。更にハードムースを使用して髪型が乱れない様にしていました。(50代/女性)

スーパーハードの整髪料を使えば崩れない。雨が降ってきても大丈夫です。(30代/男性)

ハードジェルを水で薄め、手櫛で髪全体に浸透させてから櫛でとかす。(50代/男性)

ワックスのいらないナチュラルな髪型にしていました。手ぐしで簡単に整います。(30代/男性)

短く刈り上げておけば大丈夫という男性が多く、崩れようがない髪型にしてしまうのがポイントのようです。短髪にした上に整髪料をつけるのも更に効果を高める方法といえるようです。女性では、後ろで一つ結びかお団子にすることで髪型が崩れるのを防ぎ、同時に清潔感も演出するとの意見が多く、第一印象から相手に明るさや活発な印象を与えることができるかも!
そして、ハード系の整髪料を使う人も多く、これなら短髪でなくても対応可能かもしれませんね。なかには、整髪料を使わないナチュラルな髪型にしてサッと手直しができるようにしたという意見もあり、逆転の発想をする人も見受けられました。

突然の風や雨でも大丈夫!崩れない髪型で就活だって安心!!

アンケート結果から、急な雨などでも髪型が崩れないようにするには、短髪にすることや髪をまとめることで対応した人が多いことが分かりました。崩れようがない状態の髪型にすることできると良さそうですね。整髪料はハード系を使う意見多く見られましたが、光沢感やにおいが強い製品にはマナー上、気を付けた方が良いかもしれません。
数多くの企業を訪問する就活中には、晴れの日もあれば突然雨に降られる日もあるかもしれません。どんな変化に遭遇しても、崩れない髪型で憂いなく企業面接などに対応したいものですね。

■調査地域:全国
■調査対象:【職業】その他専門職 パートアルバイト 会社員 会社役員 公務員 医師 士業(弁護士・会計士など) 契約派遣社員 自営業(個人事業主) 自由業・フリーランス
■調査期間:2015年08月04日〜2015年08月18日
■有効回答数:100サンプル

インターンシップに興味のある方にお勧め!

マナーの掟

キャリアカウンセラーに聞く「夏休みのインターンシップ」


新規会員登録